漫画「NARUTOーナルトー」あらすじ

木の葉の里で巻き起こる主人公うずまきナルトの定形外?忍者物語。

始まりは少年時代編。
木の葉の里ではタブーとされている九尾の狐を宿した化け物として里の皆から冷たい目で見られているナルト。

なんとか里の連中を見返そうと頑張るが、忍者アカデミー通いにも関わらず忍術が上手く使えず失敗ばかり。
その為人の気を引く手段としてイタズラを繰り返すナルト。
そんな行為に対して冷たい目を向ける里の人間たちとは逆にイルカ先生という忍者アカデミーの先生がいた。
彼はナルトに優しく時に厳しく、父兄のような存在として唯一接してくれた里の人間。
だがそのイルカの両親は九尾の狐に殺害されているというつらい事実を持つにも関わらず、イルカはあくまでもナルトを一人の人間として扱ってくれている。
そのイルカのお陰もあり、ナルトの心の隙間を優しく癒していく。
ナルトは、木の葉の里の一番の権力者に与えられる火影を目指して努力していくことになる。

毎年アカデミー受験で失敗していた分身の術も、影分身の術というより高度な忍術を使えるようになり合格(禁術だが)
基本的に下忍からスタートするがナルトは第七班として配属される。
その後、このストーリーの主軸にもなるはたけカカシ(上忍・先生)・うちはサスケ・春野サクラとフォーマンセルを組むことになる。
そこで、カカシからチームプレーの大切さ・時にはルールを犯してでも仲間を助けることの重要性を教えられる。
4人での任務として波の国のタズナの護衛の任務にあたる第七班。そこで木の葉の里以外に五大国と呼ばれる国が存在することも知る。
任務では本来下忍クラスの任務だったが、タズナの嘘により一気にSクラス任務に跳ね上がる。
護衛中に霧隠れの抜け忍である桃地再不斬と白と交戦。
ナルトは、九尾の狐の力の一旦を、サスケはうちは一族特有の写輪眼を開眼する。
戦いは、他里にも名前を知られているコピー忍者のカカシの力もあり勝利。
無事帰還する。

上述の活躍もあり木の葉の里で行われる中忍試験(下忍→中忍に昇進試験)に参加。
作品の最後までしつこく出続ける大蛇丸にが出てくる。二次試験途中サスケに呪印の力を与えいわばドーピング効果で成長を
促させる効果を持つ。
ナルトとサスケは本戦出場するが途中大蛇丸による木の葉の里へのクーデターが発起木の葉の里総勢力で抑えにかかり
大蛇丸の両腕と引き換えに対戦終了。火影である猿飛ヒルゼンが命を落とす。

その後、暁という存在があることが発覚。
サスケの兄であるイタチとの兄弟愛・ナルトと伝説の三忍と謳われてる自来也との師匠愛。
今まで語られて来なかったナルトの両親の話を含め最終的にナルトとサスケの臭いまでの友情ストーリーは必見である。

漫画「NARUTOーナルトー」感想

ナルト、初めて見たときは、「あーなんかジャンプっぽいな」と思ったことを覚えている。
あくまで20歳を超えてみたため¨少年¨という名前の付くジャンプを舐めていたのかもしれない。
しかしこの話ただの意外性忍者ナルトのドタバタ劇だけではない。
家族の愛を受けたことがないナルトと家族の愛を受けているが故に苦しいサスケの友情。
また一尾の人柱力の我愛羅も親の愛を知らない。
こんな悲しい話普通の少年ジャンプじゃまず拝めない。
そのギャップがこの漫画を面白くさせているのは言わずもがなだ。

特に自分に子供が出来てからのナルトの両親の話が出てくるあたりは本当にヤバイ。
電車内で読んでいて涙が止まらなくなるほどだ。
自分が親として子供を責任もって育てていかなければならないという強い気持ちをもった。

ナルトは、もはや少年漫画ではない。
一種の哲学本であると思う。
近年ではキングダムがよくそういう風に言われがちであるが、私はキングダムも好きなのでハッキリ「NO I Dont」と言いたい。
確実に社会人のバイブルはナルトだ。

上司と接し方ナルト(自来也・カカシ・イルカ)兄弟との愛サスケ(イタチ)部下との接し方ナルト(木葉丸)親の子愛ナルト(くしな・ミナト)
会社での立ち位置ナルト(暁との対戦の時、率先して皆を助け引っ張る)これを社会人のバイブルと言わずどの作品あろうか。

ここでは書けなかったが、カカシとカカシの親、猿飛アスマとヒルゼン(三代目火影)との親子関係等も深く書ききれていないことばかりで悔しいが
時間が限界なのでここで括りとする。