漫画「かげきしょうじょ!!」あらすじ

大正時代に創設され、未婚の女性だけで構成された「紅華歌劇団」というものがあった。その紅華歌劇団の団員を育成する「紅華音楽学校」の100期生として入学した仲間たちの物語。紅華歌劇団の舞台に立つにはこの紅華音楽学校を卒業することが絶対条件であった。100期生の一人、渡辺さらさは身長178cmの長身で周りの目を引いていた。天真爛漫で自分に正直であるさらさはいつか「ベルサイユのばら」のオスカルを演じることが夢だった。しかし紅華歌劇団でオスカルを演じることは「トップスター」と呼ばれる春・夏・秋・冬の4つの組で常に主演を演じ人々の注目と賞賛を集める男役でなければならない。オスカルを演じるためならと「トップを目指す」と公言したさらさは周りから非難や影口を言われることもあったが「自分に少しでもその可能性があるのならばそれにむけて全力で頑張る」と日々レッスンに励んでいた。同期生には歌劇団OGの娘や、有名な女優の娘をはじめ、容姿は目立たないが歌が誰よりも上手い子や、国民的少女アイドルグループ「JPX48」の元メンバーの子など多様な子たちだった。紅華歌劇団に入団することだけを夢見てきた子もいれば、とにかく舞台に立つことが夢でとりあえず紅華歌劇団を目指した子などそれぞれの事情や内情も違う少女たちがとりあえずこの時だけは同期生としてお互い切磋琢磨して2年後の初舞台を目指して毎日のレッスンに精進していたのだった。

漫画「かげきしょうじょ!!」感想

紅華歌劇団という名前から容易に推察できるようにまさに宝塚歌劇団とその養成施設宝塚音楽学校を想像させる漫画です。作中に出てくる「紅華大劇場」も宝塚大劇場そのままの姿で描かれています。その音楽学校も存在自体は知っていても大体の人は毎年春になるとニュースで流れる卒業式や合格発表、そして入学式の一部分だけしか印象がないと思います。そんな謎のベールに包まれた音楽学校の中の生活を垣間見れる作品です。制服や髪形など若干の違いはありますが、上級生との関係や同期生同士の絆、まだ年端もいかない10代の少女の心の葛藤などが丁寧に描かれていると思います。同じ夢を持って集まった少女たちの姿は読んでる側もとても励まされます。そして宝塚歌劇団のファンから見ても変に改変しているところも少なく受け入れられやすい作品だと思います。ぜひ宝塚に興味を持っている人だけでなく、宝塚を長年好きでいるコアなファンの人たちにも読んでほしいと思います。